DIS Product Byte

6
今さら聞けないRobinhood①:手数料無料のからくり、PFOFについて説明

今さら聞けないRobinhood①:手数料無料のからくり、PFOFについて説明

今年は米国フィンテック企業のExitが目白押しですが、その中でも最も関心を集めているのがRobinhoodでしょう。米国時間7/1(木)に開示されたS1や、いち利用者としての私の視点を交えながら、Robinhoodがなぜ注目を集めているかを紐解いていきます。 掘り下げ甲斐のあるプロダクトなので、数回にわたって投稿したいと思います。今回はビジネスモデルのコアとなっているエンドユーザーからの手数料無料ながら大きな収益源になっているPFOF(Payment for Order

5
Expensify.cashからみるフィンテックのOpen Source Projectの可能性

Expensify.cashからみるフィンテックのOpen Source Projectの可能性

6/18(金)にこんなメールが届きました。David BarrettはExpensifyという経費精算SaaSのファウンダー兼CEOです。 要はExpensifyが個人間送金のサービスをリリースした、という話なのですが、これが大変取り組みとしておもしろかったので記事にします。 この記事はフィンテックのプロダクトマネージャーやソフトウェアエンジニアにおすすめです。 Expensifyとは前述の通り米国の経費精算SaaSです。 設立2008年で、2021年5月にFor

10
米国デビットカード事例からみる、これからのお金のあり方

米国デビットカード事例からみる、これからのお金のあり方

米国に住み始めてから、まるでトレーディングカードを集めるかのようにカードが増えていっています。これらは生活の中で必要にかられて作ったものもあれば、「おもしろそうだから」と個人的な興味で作ったものもあります。 あふれるカードの中でも特徴的に思えるのがデビットカードについてです。前回のNoteではCash Appにおいてデビットカードが収益のドライバーになっていることを紹介しましたが、今回は他の事例も交えながら、デビットカードが切り開くお金の未来について妄想してみたいと思い

16
前年比+165%で売上総利益1,353億円!米国Square Cash App急成長の秘密

前年比+165%で売上総利益1,353億円!米国Square Cash App急成長の秘密

Cash Appは米国フィンテックアプリの非常に優秀な成功事例です。この記事ではSquareのIR資料と併せて具体的なアプリのUIを見ながら、いかに高度な戦略を体験レベルで実現しているのかを解説していきます。 この記事はコンシューマー向けアプリのプロダクトマネージャーや、フィンテックアプリの担当者におすすめです。 Cash Appとは Squareが出しているコンシューマー向けフィンテックアプリです。元々はVenmoのようなシンプルな個人間送金のアプリでしたが、現在

18