DIS Talk

6

チームマネジメントの手法「心理的安全性のつくりかた」を読んだのでまとめ

「チームの心理的安全性」は1999年にハーバード大学教授のエイミー・C・エドモンドソンが書いた論文で、「チームの心理的安全性とは、チームの中で対人関係におけるリスクをとっても大丈夫だ、というチームメンバーに共有される信念のこと」と定義されています。 Googleが働き方改革の手法として紹介したことで、日本でも広く知られるようになりました。 著者はそれを分かりやすい表現として「メンバー同士が健全に意見を戦わせ、生産的でよい仕事をすることに力を注げるチーム・職場」のことと表現

スキ
6